CCCマーケティング データベースマーケティング研究所の Tech Blog

研究所スタッフによる格闘記録やマーケティング界隈についての記事など

社内に実験店舗「T-POINT DATA SHOP」を作ってみてる話 Phase3

こんにちは!データベースマーケティング研究所の塩田です。

私たちが取り組んでいる社内の実験店舗「T-POINT DATA SHOP」の奮闘記をお伝えします。

過去の歴史は以下のブログ記事をぜひご覧ください!

その1 dbmk-lab.hateblo.jp

その2 dbmk-lab.hateblo.jp

その3(番外編 ファミリーデー) dbmk-lab.hateblo.jp

Phase 3開始直前の課題

  • 思った以上に運営の手間がかかる:買い出し、陳列、カウント、デジタルサイネージ、メール通知、飾りつけ etc

  • 在庫余り問題の再発生:知らないうちに?大量の在庫が…陳列した当初にはよく売れていたのに。

Phase 3における作戦

  • お店に季節に応じたディスプレイをして、ディスプレイの効果による売り上げの検証をする

Phase 3の準備

  • ディスプレイ
    • 商品棚、顔認証※、レコメンド画面、デジタルサイネージ
    • この季節の一大イベントとなったハロウィンの飾りつけをする
  • ハロウィン当たりくじ
    • モバイルTカード使用者にお菓子が当たる当たりくじを実施する
    • 当選確率をイベント開催中に変化させる

※顔認証の機器は某有名企業のものです。これについての記事はまた別途…

Phase 3開始

とってもハロウィンらしくなりました! f:id:a_shioda:20191230102935j:plain

Phase 3検証

  • ディスプレイ等の今回の一連の取り組みによる効果を検証をする

  • 来店者数の変動

f:id:a_shioda:20191230103501p:plain
性年代別の来店者回数(延べ)

  • だいたいの性年代別において来店回数が増加している(40代男性、性年代別不明除く)

  • 商品の売れ行き

    • 売れ行きがあまりよくなく、在庫を大量に抱える2商品にPOPをつけました!
      • (写真撮り忘れた)
    • その結果、すべて売りきることができました!

Phase 3考察

  • 店舗のディスプレイは一定の効果がある

  • 約半年間Datashopという社内の実験店舗を実施してみえたこと

    • TPOに応じたデータ分析の重要性
    • 店舗の運営はとても大変であること
      • 気付かないうちに大変な在庫を抱える可能性がある

今後の方向性

  • 楽しいお買い物体験の提供を追求する
    • 重量センサー等の技術を実装する
  • 運営負荷も考慮した品揃えにする
    • 今までのDatashopの蓄積データや知見を活用する
    • さらに近所の店舗で仕入れられる品とする